研究科長挨拶

経営学研究科長あいさつ

経営学研究科の扉が開く
多種多様なスペシャリストが集まる大学院

 松山大学大学院経営学研究科では、民間企業や公的機関など組織の運営に必要となる経営学、商学、管理工学、会計学、産業社会および経営文化といった幅広い領域において、第一線の研究者とともに、10年、20年、そして50年先の将来を見越した高度な専門知識に触れることができます。これらの領域について専門的に学修した学部卒業生だけでなく、ビジネスの最前線で課題の解決を求めている社会人にも広く門戸を開き、オープンな環境の下で昼夜を問わず活発な議論が繰り広げられています。

 本研究科の教員による研究指導の下で、国際会議や学会における成果の発表などの研究活動を通じて学術論文の執筆や課題研究に取り組むだけでなく、時代の変化に対応した最先端の内容を含む特講科目を受講することによって、ビジネスの発展に寄与できる人材の育成を目指しています。研究指導計画に沿って研究活動に没頭できる環境で過ごすことによって、博士前期課程(修士課程)の修了時には修士(経営学)の学位、博士後期課程の修了時には博士(経営学)の学位を取得できるようにカリキュラムが設計されています。

 ぜひとも存分に研究できるアカデミックな環境を味わってほしいと考えています。もちろん、学位論文の審査や最終試験は甘いものではありません。ただ既存の知識を学んでいるだけでは、到底届くことのできない世界でもあります。しかし、そこに新しい価値を創造し、専門分野の研究に到達した証として、学位は大きな意味を帯びてくることでしょう。学術分野の教育・研究者を目指す方はもちろん、高度職業専門人や指導的人物など多様な価値観の者同士が集い、最先端の理論と実践に裏付けられた専門性を極限にまで高めた修了生たちは、社会に有為な人材としてビジネスの世界の至るところで大きく貢献しています。

 最新の理論を知らないビジネスに成功はありません。経営学研究科の扉が開くとき、それはあなたの世界が広がるスタートを意味します。

松山大学大学院経営学研究科長  檀 裕也

サイト内検索
自己啓発・自己実現のために学習意欲を持ち続けている社会人・主婦・定年退職された皆様へ
松山大学大学院 経営学研究科 〒790-8578 愛媛県松山市文京町4-2
TEL089-925-7111(代表) http://www.matsuyama-u.ac.jp
このページはスマートフォン・タブレット端末に対応しており、自動的に切り替わります。