修士論文

修士論文

学位論文審査基準
 学位論文審査基準(PDF:115KB)

修士論文テーマ

修士論文は大学院での研究の中で、一番大きなウエイトを占めています。通常院生達は指導教官のアドバイスのもと、論文テーマを決め、約1年かけて完成させます。その過程で、何度も書き直しを命じられることもしばしば。しかしやり遂げたあとの充実感は何事にも代えられません。
【2015(平成27)年度修了者の修士論文テーマ】
「日本農業の活性化に向けた企業の農業参入に関する先端事例研究」
【2014(平成26)年度修了者の修士論文テーマ】
「公共事業政策の転換点と制度改革の可能性 」
「成長ドライバ理論の『行動環境』に関わる一考察-5社にみる信頼の分析」
【2013(平成25)年度修了者の修士論文テーマ】
「原価計算基準の特質に関する一考察 ―アメリカの原価計算基準と日本の原価計算基準の比較研究を中心として― 」
【2012(平成24)年度修了者の修士論文テーマ】
「ソーシャルビジネスの可能性 ―地域の事例を含めて― 」
「原価計算基準に関する一考察 ―原価計算基準と税法の関係を中心として― 」
「ライフログ活用ビジネスに関する考察 」
「流通パワーポリティクスの構造変化にみる情報技術革新とIMC戦略の影響に関する一考察 」
サイト内検索
自己啓発・自己実現のために学習意欲を持ち続けている社会人・主婦・定年退職された皆様へ
松山大学大学院 経営学研究科 〒790-8578 愛媛県松山市文京町4-2
TEL089-925-7111(代表) http://www.matsuyama-u.ac.jp
このページはスマートフォン・タブレット端末に対応しており、自動的に切り替わります。